山林舎

山林舎の視察見学コースの周辺情報のご案内
林業に関わることから様々な情報提供

木質バイオマス

ゲリラ豪雨 製材所大変でした。

0

     

     

    皆様なかなか夏らしからぬ今日この頃・・・お久しぶりです。

     

    そんな夏らしくない日が続きますが、昨日当那珂川工場でもゲリラ豪雨に見舞われました!!

     


    排水溝からあふれ出ました・・・

     

     

    こういった自然災害にも山林は我々を守ってくれていますね。

    皆様もご存知の通り自然のダムの役割を山林は持っています、

    しかし今現在日本に生えている木はほとんどが戦後に植林され

    年齢にすると60〜90代の高齢林ばかりです

    木もこれだけの年数が経つと水を吸う機能は落ちてきます。(人間と同じですね)

    土砂崩れなどよくニュースで耳にする時期ですが、そういった自然災害を減らすために日本の山林は代替わりに時期に来ています。

    木を切って、木を植えて、木を育てる。山を循環をさせてかなくてはなりません、若い世代の木はどんどん成長しようとし山を元気にしていきます今切って、植えなければ今後日本の山が無くなってしまうかもしれません。

    またこういった林齢の木材は製品化にするにはもっとも適した状態です。逆にこれ以上年数がたってしまうと商品価値が下がっていってしまうのもまた事実です。

    当グループとしましては循環型社会を目指していくうえで重要なポジションに立っているのだと実感しています。

     

     

     


    関連する記事
      コメント
      コメントする